婚活の最盛期である30代・40代

30代の婚活で大事にしたいこと

近年では結婚をする時期というものがどんどん遅くなる傾向が見受けられます。20代前半で結婚するのがふつうであるという時代はすでに終わりを迎えており、20代の後半から30代の前半にかけてが結婚のピークになってきていると言えます。また女性の身体的な事情から30歳を中心とした辺りが最も積極的に結婚を目的とした活動を行う婚活の時期として知られています。

婚活は結婚を目的とした活動の総称です。自然な出会いを待つだけではなく、同じように相手を探している集団の中に飛び込んで出会いの場を多く持とうとするのが30代の活動の特徴であると言えます。この様な活動によって少しでも多くの人との出会いの場を持ち、その中から最良の相手を探して行こうとするのが婚活と呼ばれる活動なのです。相手のいることですのでお互いに積極的に動ける状況であることが望まれており、婚活パーティーの様な場は非常に有益な場として人気があります。

30代を迎えると時間は貴重であり、結婚を前提とした付き合いをしたいと考える人が増えてきます。そのため面倒な駆け引きは抜きにして、結婚相手を探していますと言う姿勢が自然体である婚活パーティーは出会いを得るためには非常に効率が良い場になるのです。

40代の婚活で大事にしたいこと

婚活業界でも、40代に突入するとそれまでとはまたガラリと環境が変わって来ます。まず、結婚するための一番の目的になりがちな「家族を作る」という項目が弱くなってきます。40代で独身女性の場合、既に出産はしないと決断している方も多いでしょう。ですから、相手を選ぶにしてもこれからの人生、一緒に楽しく生きていけるかどうか、というのが基準になっている場合が多いです。今までの世代のように子供の母親父親として、という目線よりも、その本人の生き方、考え方が重要になってくるといえます。外見や装飾ではなくその人そのものを一番じっくり観察する世代かもしれません。

 そして、他の世代にはない具体的な婚活の心配としては、介護問題が入って来ます。お互いの両親が年老いているので、もしものときは介護はどうするのか。新婚生活を堪能する暇なく相手の親、もしくは自分の親の介護が入ると参ってしまうのが人間でしょう。ですから、40代の婚活では相手の周辺人間関係もしっかりとリサーチしましょう。実家はどこなのか。家族構成は。介護状態の時はどうするか、という項目を話し合う必要がどうしても出て来ます。子供のことに頭を悩ませるよりは老後の問題がクローズアップされる、それが特徴といえます。